そもそもリデンシルって成分がどうして育毛に効くのか?という事でですが、結論からいいますと絶対に生えるという薬ではありません。

どうして髪が抜けたり薄くなるのかというとそれは老化現象の一つだという事です。老化を止める薬がないのと一緒です。しかし、老化現象を止めるすべはありませんが、老化を予防とケアをすることで頭皮を若返ることは出来ます。

リデンシルの成分

 

まず、リデンシルの成分は、

■セイヨウアカマツ球果エキス(マツエキス)

■チャ葉エキス

■塩化亜鉛

■グリシン

■ピロ亜硫酸Na

で構成されますが、この成分が毛穴の中ほどにある「バルジ領域」に働きかけ髪の成長を促します。また、抜け毛の予防にもなります。

リデンシルの働きと効果とは?

 

EGCG2(安定化ポリフェノール) 頭皮炎症を抑える頭皮環境を整え頭皮を健やかな頭皮環境にする役割を担ってます。
DHQG DHQGがバジル領域の幹細胞を刺激し、毛乳頭の細胞を活性化させます。
亜鉛 髪の毛となるタンパク質の主要な材料です。髪の成長を助ける働きを助ける働きをします。
グリシン 細胞の代謝を正常に保つ働きがあります。

・ヘアサイクルの改善
リデンシルに含まれるDHQGにはバルジ領域を刺激する作用があり、バルジ領域を刺激することで、髪の毛の元になる毛包幹細胞が活動を開始します。その結果、毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化し、毛髪は成長します。

リデン(REDEN)はバルジ領域を刺激することで、休止期から成長期へと移行するのをサポートします。

・炎症性サイトカインを抑制
炎症性サイトカインは毛乳頭細胞にダメージを与え、毛髪の成長を低下させる作用があります。リデンシルに含まれるEGCG2は炎症性サイトカインを抑制し、毛髪の成長をサポートします。

・毛髪の生成をサポート
リデンシルにはタンパク質を合成する亜鉛、代謝を活性化するグリシンなども含まれています。毛髪の生成やコラーゲン合成作用によって毛髪の成長やハリ・コシの改善をサポートします。

さまざまなアプローチの育毛剤がありますが、リデン(REDEN)と同じリデンシル3%配合された試験用ローションで臨床試験によるエビデンス(証拠)など今までにない育毛剤だと思います。
REDEN(リデン) キャンペーン